修理について

メルカリから来られた方はこちらもご覧ください。

当サイトに依頼&カスタム済みのガスガンの動作不良が発生した場合はアフターサービスとして修理を行います。

修理可能範囲

基本的に修理が可能な範囲は私が加工している内部パーツです。これらのパーツは全ての1911モデルで共通モデルでパーツのストックが存在します。また、パーツが破損していない場合でも調整した部分のバランスが崩れている場合があります。これらの再調整は可能です。

ただし、WAの製品は限定生産なので外装(スライド,フレーム,アウターバレル,チャンバー,トリガーハンマー,マグウェル,サムセーフティー,グリップセーフティ―,グリップ)に該当するパーツに関しての修理は基本的にできません。例外として修理したいモデルが現在販売中の場合は修理が可能になる場合があります。

また、マガジンに関しては加工しておらず、純正のままなのでWAに修理を依頼する方が確実です。

3か月保証内の故障について

購入時に同梱させていただいた保証書に記されている有効期限内に動作不良が発生した場合に適応されます。

修理を行う範囲は上の「修理可能範囲」に準ずるものとします。

修理の依頼はこちらから

保証期間内、保証期間外に関わらず以下のフォームに必要事項をご記入して送信してください。送信後、こちらから記入していただいたメールアドレスに返信いたします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/ba4026cd732807

© 2022 とある怠惰なガスガンスミス Powered by AFFINGER5