WA1911のカスタム方法

ウエスタンアームズのガバメント・m1911(scw3)を分解します!もうこのサイトしか見なくても良いというレベルで詳しく解説!

ウエスタンアームズ ガバメント 分解 サムネ

今回はウエスタンアームズのガバメント(scw3)を分解します。

もちろん写真を大量をしようして紹介するので、わかりやすさに自信があります。

被検体はWAのスネークマッチです。

レビューはコチラの記事でかなり詳しくしているので、購入を検討している方は参考になるとおもいます。

ウエスタンアームズ スネークマッチ サムネ

ウエスタンアームズのスネークマッチを徹底レビュー!写真がたくさんで紹介します!

分解する理由はあらゆる部分に手を入れて、究極の伝説の傭兵の1911(←頭悪そう)をつくるためです。

   

1911カスタム バナー

当サイトではあなたのWA1911を最高の相棒にするカスタムを行っております。

下準備

最初に下準備をします。

最初に行うのはマガジンを取り外すことです。

ウエスタンアームズ ガバメント 分解

マガジンの外し方は簡単ですが、鑑賞用で使用されている方のためにマガジンの傷がつきにくい方法を紹介します。

ウエスタンアームズ マガジン 中古 新品

右側のマガジンが新品のマガジン、左側のマガジンは中古で購入したマガジンです。

こうしてみると左側のマガジンは塗装が太い線のように塗装が剥がれていることがわかります。

これは、マガジンを入れる際にマガジンキャッチがマガジンの側面に触れた部分の塗装が剥がれているからです。

ポイント

 マガジンを入れるときはマガジンキャッチを押しながら押すと、マガジンへ傷がつきにくくなりますよ!

次にマガジンを抜いたら、通常分解をするべくスライドストップを抜きます。

ウエスタンアームズ ガバメント スライドストップ

最初にスライドをひいて、スライドストップがかかる部分(ノッチ)の後ろにある凹みをスライドストップのかかる部分に合わせます。

これは、スライドストップを少し抜いたときの画像ですが、このように、スライドストップがかかる部分の奥に先が丸い部分があるので、そこを通せるように合わせます。

さあ、スライドストップを抜く前に戻って、裏側を見てみます。

ウエスタンアームズ ガバメント スライドストップピン

反対側のフレームの部分いピンがあります。

これを、先ほど紹介した切り欠きに合わせながら押します。

フレームの種類によっては固いものがあるのですが、その場合はボールペンを使用すると良いです。

スライドストップ ボールペン

使用するのはいたって普通のボールペンで、先を出さずに使います。

スライドストップ ボールペン

スライドストップピンをぐっとおします。ボールペンはプラスチックなので、本体に傷がつく可能性を大きく減らせますよ!

ポイント

 スライドストップが硬い場合は、指で押さずにボールペンを使用すると抜けやすくなります!

スネークマッチはすんなり取れたので、指で行きました。

スライドストップが取れたら、スライドを前進させてスライドとフレームを分離します。

ウエスタンアームズ 通常分解

スライド側の分解方法

通常分解ができたところで、スライド側から分解していきましょうか。

ウエスタンアームズ ガバメント スライド

裏返します。

ウエスタンアームズ ガバメント スライド 裏

最初にリコイルスプリングガイドを外します。

ウエスタンアームズ リコイルスプチングガイド 外し方

矢印の方向に向かってリコイルスプリングガイドを移動させて、外します。

ウエスタンアームズ ガバメント リコイルスプリング 外し方

リコイルスプリングガイドとともに、リコイルスプリングも外れます。

そして、リコイルスプリングプラグを外します。

ウエスタンアームズ ガバメント リコイルスプリングプラグ 外し方

矢印の方向に引き出すだけです。

リコイルスプリング当たりのパーツは全て取り出せました。

次にバレルアッセンブリーを取り出します。

そのためにはバレルブッシングを取り外す必要があります。

ウエスタンアームズ バレルブッシング 外し方

バレルブッシングはコーンバレルの場合は必要ありませんので、飛ばしてください。

ブッシングの取り外しにはバレルブッシングレンチを使います。

ウエスタンアームズ バレルブッシングレンチ

まあ、無くても手で分解できるので、無い場合でも大丈夫です。

使い方は、バレルブッシングレンチをブッシングにはめます。

バレルブッシングレンチ 使い方

スネークマッチはぴったりとはまりましたが、中にははまらないモデルもあるので、その場合はあきらめて手で回してください。

バレルブッシングレンチをはめたら、途中で止まるところまで反時計回りに回します。

止まったところで、ブッシングをバレルの先から抜きます。

取れました。これでバレルアッセンブリーを取り出せます。

取り出し方は、バレル周りをスライドの前側から引き抜いたら外せます。

ウエスタンアームズ ガバメント バレル 外し方

中にはチャンバー部分が引っかかるものもありますが、まっすぐ力を入れて引いたら抜けます。

バレル一式が抜けました。

ウエスタンアームズ ガバメント スライドパーツ

これで、道具なしで分解できる部分が終了できました。

ここまでは通常分解の範疇なので、メンテナンスなどで分解する機会が多いでしょう。

次にバレルやチャンバーを分解していきます。

バレル周りの分解

ウエスタンアームズ ガバメント チャンバー

まずはアウターバレルを外していきます。

ウエスタンアームズ アウターバレル 外し方

アウターバレルの外し方は、左手側にアウターバレル、右手側にチャンバーを持って、画像の矢印方向に回すと外せます。

固い場合もありますが、この方向に力を入れて外せば問題ありません。

少しゆるんだら、バレルをくるくる回して外します。

これで、アウターバレルが外れましたね。次にチャンバーカバーを押しているスプリングを取り外します。

ウエスタンアームズ ガバメント チャンバーカバースプリング取り方

チャンバーカバーを押しているスプリングはバレル先端の黒いカバーで固定されているので、この黒いパーツを取る必要があります。

このパーツを取るには、間が空いている部分爪を入れて、広げてから取り出す必要があります。

この作業は少し度胸が必要ですが、意外と伸縮性があるので、相当無理な力を加えない限りは大丈夫です。

ウエスタンアームズ スプリング 外し方

スプリングを縮ませながら出ないと取れないので、少し面倒ですね。

チャンバースプリングを固定してあるリングを取ったら、スプリングをバレルから抜きます。

ここまで分解出来たら次はチャンバーカバーを取り外します。

チャンバーカバーの分解には2mmのピンポンチとプラハンマーが必要です。

プラハンマーとピンポンチ

ない場合は六角レンチと普通のトンカチで代用することも可能です。

しかし、僕が六角レンチと普通のトンカチを使用していると、ピンや周囲のパーツを傷付けてしまったり、そもそもピンが抜けなかったりしたので、個人的にはピンポンチをおすすめします。

また、ガスガンを分解する際にはこの先にもピンポンチが必要になる場面があるので、様々な大きさのピンポンチがセットになっているものを購入すると作業効率が大幅に上昇します。

ポイント

 ウエスタンアームズのガスガンだけでなく、エアガン全体的に細部まで分解するにはピンポンチが必要です。

 持っていない方はAmazonでセットで3000円もあれば購入できるので、ぜひ購入することをおすすめします。。

ウエスタンアームズ ガスガン チャンバーカバー ピン

チャンバーカバーを取り外すためのピンはこの部分にあります。

チャンバーカバーピン 外し方

先のピンの部分いピンポンチを乗せて、ゴムハンマーでちょんちょんと少しずつ叩いて外します。

ウエスタンアームズ ガバメント チャンバーカバーピン 取り方

これで、チャンバーカバーピンが取れました。

ピンは無くさないように、ケースや袋に入れておくことをおすすめします。

ウエスタンアームズ ガバメント チャンバーカバー 取り方

ピンが取れたらチャンバーカバーを前にスライドして取ります。

ウエスタンアームズ ガバメント チャンバーカバー 取れた

これでチャンバーカバーが取れたので、チャンバーを分解していきます。

チャンバーの分解にはプラスドライバーが必要です。

プラスドライバー

ねじが細かいので、先がとがっている物でないと、ねじ穴に入りません。

ウエスタンアームズ チャンバーカバー 分解 ねじ

チャンバーカバーを外すためのねじは2カ所あります。

これをドライバーで外します。

ウエスタンアームズ チャンバー ねじ 長さ

注意点として、この2本のねじは長さが異なります。

そのため、組み立てる際に間違えないようにしましょう。

ウエスタンアームズ ガバメント チャンバー 御開帳

ねじを外したら、チャンバーをパカッと開けます。

ウエスタンアームズ ガバメント チャンバー分解

バレル、水玉形に穴が開いているパーツ(切り欠きがある方が前です)、スライドストップロックするパーツ、そのスプリングを取り外します。

スプリングは飛び出しやすいので、抑えながら取りましょう。

これで、バレル周りの分解は完了です。

次はいよいよ山場のブリーチやピストンを取り外します。

ブリーチ・ピストンの取り外し

ブリーチはスライドにばっちりはまっており、簡単に取れません。

ウエスタンアームズ ガバメント スライド

しかし、ある秘密兵器を使えば比較的簡単に取れるようになります。

ドライヤー

じゃじゃじゃーん!ドライヤーです。

ドライヤーで加熱することにより、弾性が高くなります。

ウエスタンアームズ ガバメント ブリーチ 

ドライヤーでブリーチの付近に温風を当てます。目安として、素手で触って火傷するかしないかぐらいまで熱します。

実際に僕もこの作業を行った際には軽度の火傷を負っています(笑)

ウエスタンアームズ ガバメント  ブリーチ 外し方

ドライヤーで加熱したら、アツアツのままブリーチ付近のスライドを広げながら、ローディングノズルを上方向に動かします。

スライドが破損しないか不安になりそうですが、熱してると以外とのびます。

いまでこそ高額なモデルもできるぐらいに慣れてきましたが、初めてブリーチを外す作業を行ったときは死闘でした(笑)

また、ブリーチを少し浮き上がらせているような中途半端な状態で24時間ほど放置してしまうと、スライドが広がってしまうので、作業を中断する際には完全にはめておきましょう。

30分程度なら問題ないと思います。

暗くて見えにくいかもしれませんが、ブリーチが浮き上がってきました。ここまで来たらあと少しです。

取れました!ブリーチを取れた際には達成感を感じますね!

皆さんもやったった感がわいてくると思います。

ポイント

 苦戦するであろうポイントのベスト2です。

 あなたの度胸が問われます。

 ちなみに、ウエスタンアームズのスライドが広がっている個体もあるので、その個体のブリーチは外れやすいと思います。

ウエスタンアームズ ガバメント スライド ブリーチ

取るのは大変でした(笑)

ウエスタンアームズ ガバメント リアサイト 取り方

ちなみに、リアサイトを交換したい方はブリーチで見えなかったスライドの裏にねじが2本あるので、これを取るとリアサイトが外せます。

次はピストンブロックを分解していきます。

ウエスタンアームズ ガバメント ハンマープレート

最初にハンマープレートを取り外します。

オイルの粘度で引っ付いているだけなので、引っ張れば取れます。

次の作業は手でも可能ですが、カッターなどの細い板状のものを使用すると行いやすいです。

デザインナイフ

外したブリーチの上側には、下の画像で黄色で囲まれている部分にノズルスプリングガイドという部品があります。

ウエスタンアームズ ガバメント ノズルスプリングガイド 外し方

これはオイルがべっとり付いていると、パーツとブリーチが密着して取れにくくなります。

ウエスタンアームズ ガバメント ノズルスプリングガイド 外し方

そこで、カッターやデザインナイフの刃先をブリーチとの間に差し込んで、てこの原理を使用して軽く持ち上げます。

そうすると部品が浮き上がるので、取り出します。

ウエスタンアームズ ガバメントノズルスプリングガイド 外し方

中から長細いバネが出てくるので、それも抜き取ります。

ウエスタンアームズ ガバメント ノズルスプリング 抜き取り

次はブリーチの両側面にあるノズルガイドを取り外します。

ウエスタンアームズ ガバメント ノズルガイド

ノズルガイドも先ほどと同様に、デザインナイフの先端を差し込んで起こします。

ウエスタンアームズ ガバメント ノズルガイド 外し方

片方のノズルガイドが取れました。

反対側も同じように外します。

ウエスタンアームズ ガバメント ノズルガイド 外れた

これで、ピストンを取り出せるようになりました。

ウエスタンアームズ ガバメント ピストン 外し方

ピストンはブリーチの前方から取り出せます。

ウエスタンアームズ ガバメント ピストン

これがマグナブローバックの心臓部です!

ちなみに、ブリーチがシリンダーで、ローディングノズル側にピストンが付いているのが特徴です。

さらにこのピストンを分解していきましょう。

ウエスタンアームズ ガバメント ピストン ピン

ピストンを分解するには2mmのピンを抜く必要があります。

プラハンマーとピンポンチ

またピンポンチとゴムハンマーの登場です。抜くピンが2mmなので、ピンポンチも2mmの物を使用します。

ウエスタンアームズ ガバメント ピストン ピン 抜けた

はい、抜けました。

いよいよピストンの中を開けていきます。

ウエスタンアームズ ガバメント ピストン 分解

ピストンの先にパーツがはめ込まれていますので、それをデザインナイフで差し込んで浮かします。

ウエスタンアームズ ガバメント ピストンヘッド 外し方

ピストンヘッドのパーツ分割はこのようになっていますが、少し出っ張っている部分に歯を入れると、取れやすいのでお勧めです!

デザインナイフの刃の先で浮かしたら、後は指で引き抜きます。

引き抜きました。この際に、ローディングノズル側に細かいパーツがたくさん入っているので、バラバラにならないように上に向けておきましょう。

ポイント

 ローディングノズルの中には繊細なパーツが入っているので、ピストンヘッドを引き抜く際にはピストンヘッドを上にして抜きましょう。

ウエスタンアームズ ガバメント ピストンの中

中のものを全て出した状態です。

この順番は是非覚えていただきたいので、部品がばらけないようにする必要があります。

以上で、スライド側の分解が完了しました。

ウエスタンアームズ ガバメント スライド 分解

こうしてみるとスライド側の部品はたくさんありますね(笑)

普通はいっぺんに分解しませんが、皆さんもパーツを無くさないようにしましょう!

   

1911カスタム バナー

当サイトではあなたのWA1911を最高の相棒にするカスタムを行っております。

フレーム側の分解方法

次にフレーム側の分解を紹介します。

ウエスタンアームズ ガバメント フレーム

スネークマッチはセーフティー類を外すのに、ブリップを外す必要はありませんが、モデルによってグリップを外す必要があるので、最初にグリップを外していきます。

ポイント

 サムセーフティーにはモデルによる違いが多いので、自分で構造を想像しながら分解する必要があります。

ウエスタンアームズ ガバメント グリップ

このグリップはマイナスドライバーで取り外せるグリップスクリューを装備しているので、マイナスドライバーを使用します。

これもモデルによっては六角レンチが必要になる場合があるので、ご自身の所持しているモデルを確認してください。

ウエスタンアームズ ガバメント グリップスクリュー 外し方

ただし、グリップスクリューの形状によらずに、基本的に反時計に回せば外せます。

外しました。外したグリップスクリューは無くさないようにロック月の復路に入れておくと良いです。

ウエスタンアームズ ガバメント フリップ 外した

もう1つのグリップスクリューも外して、グリップを外しました。

これもモデルによって変化しますが、グリップの中に重りが入っている場合があります。

1つ注意点があります。上側のグリップスクリューをはめるねじ穴に真鍮の円形パーツがあるので、これも無くさないように取り外しておきましょう。

ウエスタンアームズ ガバメント グリップ 外れた

この一連の作業を反対側も行って、グリップの取り外しは完了です。

次にマガジンキャッチを外します。

なぜこのタイミングで外すのか。そう、5秒で終わるからです(笑)

ウエスタンアームズ ガバメント マガジンキャッチ

マガジンキャッチボタンを押す方とは反対のフレームの右側をこちらに向けます。

上の写真はマイナスドライバーで回す仕様ですが、中には六角レンチで回すモデルもあるので、必要な道具は各自で判断してください。

マイナスドライバー

また、マイナスドライバーの場合は上の状態から押し込むので、溝の長さよりも小さいものを選ばないとマガジンキャッチに傷がついてしまいます。

ウエスタンアームズ ガバメント マガジンキャッチ 使い方

外し方は先ほどのドライバーまたは六角レンチを溝にはめ込んで、押し込みながら反時計回りに回します。

それから、反対に向けて、マガジンキャッチボタンを押すと、後は重力で落ちていきます。

取れました。長々と説明しましたが、実際にやったら一瞬です。

次にサムセーフティーを外していきます。

サムセーフティーを外すには下準備が必要です。

ウエスタンアームズ ガバメント セーフティー 取り方1

ハンマーを起こします。

ウエスタンアームズ ガバメント サムセーフティー 取り方2

そして、セーフティーを有効にします。

これでサムセーフティーを外す下準備が整いました。

実はサムセーフティーの外し方には2つの方法があるのです。

ウエスタンアームズ ガバメント サムセーフティー ピン

1つ目は矢印がさしているピンをピンポンチで抜く方法です。

しかし、この方法はアンビセーフティーの場合は使用できないというデメリットがあります。

ウエスタンアームズ ガバメント サムセーフティー 外し方

2つ目はセーフティーが有効になっている状態で、セーフティーをつかみ、引っ張りながらぐらぐらさせる方法です。

少々荒く感じますが、こっちの方が早いうえにアンビセーフティーの場合はこの方法をするほかないのです。

ちなみに、セーフティーを外すと、プランジャーやプランジャースプリングが飛び出してくるので、フレームの後ろ側を地面に向けて作業することをおすすめします。

ポイント

 サムセーフティー外すと、サムセーフティーで抑えられていたプランジャー・プランジャースプリングが飛んで行って紛失の原因になるので、フレームの後ろを地面に向けましょう!(一つ上の画像のようにする)

ウエスタンアームズ ガバメント  サムセーフティー 外れた

これでサムセーフティーが外れました。

同時にいろいろ出てきているのが分かると思います。

これがプランジャーとプランジャースプリングです。プランジャーが2つとスプリングが1つなので、足りない場合は至急部屋の中を探してください(笑)

次にメインスプリングハウジングピンを抜いていきます。

ちなみに、メインスプリングハウジングピンとはこれのことです。

ウエスタンアームズ ガバメント  メインスプリングハウジングピン

必要な道具はピンポンチとゴムハンマーです。

ゴムハンマー 3mmピンポンチ

今回のピンポンチは今まで登場したものと違って、3mmのでかめのやつです。本当はこのピンが4mmなのですが、僕が間違えて買ったので3mmです(笑)

本当は同じサイズのほうが好ましいですが、傷もつかないしこのまま使っています。

また、ピンポンチが無い方は普通のハンマーと六角レンチで代用できますが、六角レンチでやるとこのピンに傷がつきますし、抜けにくいです。

昔は六角レンチでやっていましたが、このピンが傷ついてピンポンチを購入しました。

ピンを抜く前に、トリガーを引いてハンマーダウンします。

ハンマーダウンしたらピンを外すのですが、このピンの面倒なことは、床にそのまま置いたらピンが抜けきれないところです。

ウエスタンアームズ ガバメント  メインスプリングハウジングピン 外し方のコツ

そこで、メインスプリングハウジングピンを外す際には、段差があるところにフレームを置いて、ピンがある部分だけを枠の外に出します。

そして、手首でフレームを固定しながら、ピンポンチで外していくのです。

ピンポンチや六角レンチを使用する際は、一気に外そうとせずに少しずつ様子を見ながらハンマーの力を調節する必要があります。

ウエスタンアームズ ガバメント  メインスプリングハウジングピン 取れた

ピンボケしていますが、ピンポンチが最後まで行って、ピンが取れました(笑)

ピンが取れたらメインスプリングハウジングを下から引き抜きます。

ウエスタンアームズ ガバメント メインスプリングハウジング 取り方

メインスプリングハウジングを取ったら、グリップセーフティー、シアスプリングも取り外せます。

引き続きフレームの分解を行います。

次はハンマーを取り出していきます。

ウエスタンアームズ ガバメント ハンマーピン

ハンマーはフレーム右側からハンマーピンを押すだけで外れます。この部分は道具なしで細いもので少し押してあげると勝手に外れます。

ウエスタンアームズ ガバメント ハンマーピン 外している

フレーム左側から出てくるので、必ずフレームの右側から押します。

ピンをひっぱったらピンが取れます。

そうするとハンマーが後ろから取り外せます。

恐らくそのまま後ろに引っ張ると黒いパーツが引っ掛かっているので、少し下に動かしてからハンマーを外すのがポイントです。

ウエスタンアームズ ガバメント ハンマー 取り方

ちなみに、この際に無理やり引っ張るとファイアリングピンというピンが非常に曲がりやすく折れる可能性があります(経験あり)

このファイアリングピンが曲がると、不発が発生して動作が不安定になります。

次はハンマーピンと同様にシアーとディスコネクタ―を止めているピンを外します。

ウエスタンアームズ ガバメント シアーピン 場所

このピンも先ほどと同様にフレームの右側から細い棒でつついたら取れます。

ウエスタンアームズ ガバメント シアーピン

軽い力でとれると思います。

このピンを取ったら、シアー、ディスコネクタ―、そのピン、トリガーが外れます。

まだ終わりではありません。

フレームを反対側に向けて何回か上下に振ってみるとパーツが出てきます。

ウエスタンアームズ ガバメント ディスコネクタ―ガイド

これは、ディスコネクタ―ガイドとバルブロックレリーズです。

これでフレーム側の分解は終了、、、と思いきや最後の大物が残っています。

そう、インナーシャーシです。

インナーシャーシの分解

ウエスタンアームズ ガバメント インナーシャーシ

正直言ってインナーシャーシの分解はブリーチの分解よりも難しく、難易度は☆5です。

フレームを破損、傷付ける恐れがあるので、自信が無い方や壊しても良いという場合でなければここでやめておくことをおすすめします。

僕もこの作業が一番緊張します。

 

 

 

恐らくここには覚悟を決めた方々が残っていると思います。

それでは、インナーシャーシを取り外します。

ウエスタンアームズ ガバメント インナーシャーシ ポイント

インナーシャーシはグリップのねじがはまっていた穴の部分がフレームにがっちりはまっているので、両側のこの部分のフレームを浮かす必要があります。

必要な道具はマイナスドライバーが2本です。

マイナスドライバー

それも、3つの条件があります。

1つ目は平べったい部分の先端が薄くなっていることです。

理由はフレームとインナーシャーシの間にドライバーの先が入りやすくするためです。

2つ目は平べったくなっている部分の横幅が広いことです。

平べったくなっている部分の横幅が狭いと、その部分だけに力が集中して、フレームが破損する可能性が高まるからです。

3つ目はドライバーの強度があることです。

プラスチック製のものだと余裕で折れるので、使い物になりません。

この条件を満たしたマイナスドライバーを2本用意しましょう。

また、ドライヤーも必要です。

ドライヤー

ブリーチの分解の際にも使用しましたが、ドライヤーで温めると、ヘビーウエイト樹脂の弾性が高くなるので、破損防止と取れやすくする意味があります。

こちらもブリーチと同様、長時間触ってたら火傷するぐらいの温度まで熱します。

熱されたと感じたらドライバーの先端をフレームとシャーシの間に突っ込みます。

ここからは度胸試しです。

この際に、突っ込む部分はグリップスクリューのねじ穴の丁度真上から差し込むようにしましょう。

フレームがたわんで怖いかもしれませんが、意外と大丈夫です。

また、もう一本のドライバーでもう片方も突っ込みます。

ちなみに、先端がシャーシの間に入らない場合は、ものともディスコネクタ―ガイドやバルブロックレリーズが入っていたぶぶんからドライバーの先端を突っ込んでから、横に移動させます。

ここまで来たら、後はグリップスクリューのねじ部分が外れるまで広げて、シャーシを上に引っ張るだけです。

ウエスタンアームズ ガバメント シャーシ

ということで、とれました。達成感で天に召されそうです。

すんなり取れているように感じますが、取れるまで10分ぐらいかかっています。

最初に取った時は30分かかったので、これでも慣れてきた方です(笑)

シャーシ取れたら最後にプランジャーが入っていたパイプ状のパーツが取れます。

これは、前後があるので、特に加工しない場合は付けたままにした方が良いです。

後はハンマーとメインスプリングハウジング。トリガーの完全分解です!

メインスプリングハウジングの分解

メインスプリングハウジングをさらに分解していきます。

ウエスタンアームズ ガバメント メインスプリング ハウジング 後ろ側

メインスプリングハウジングの裏側はこのようになっています。

ウエスタンアームズ ガバメント メインスプリングハウジング 分解

このシルバーの部品はハウジングの下の方にあるぽっちに先が細い棒をひっかけて、てこの原理で部品を起こします。

ちなみに、僕は3mmのピンポンチを使用しました。

注意点として、小さい部品が飛び出すので、部品の行方に目を光らせておきましょう。

ウエスタンアームズ ガバメント ハウジング 分解後

これでハウジングの分解が完了しました。

ハンマーの分解

次はハンマーの完全分解です。

ウエスタンアームズ ガバメント ハンマー

ハンマーは最初に変な形をしている黒い部品(ファイアリングプレート)を外します。

この部分を外すには1.5mmのピンポンチが必要です。

細い六角レンチでもできなくはないですが、ファイアリングプレートを固定しているピンが傷みやすいので、ピンポンチを買いましょう。

ウエスタンアームズ ガバメント ファイアリングピン 外し方

ピン部分に突っ込んでゴムハンマーでコンコンしましょう、、、と言いたいですが、僕はピンポンチを押し込んだだけで取れました。

ウエスタンアームズ ガバメント ファイアリングピン 取れた
これで、ファイアリングプレートが取れるのですが、小さい玉が飛び出してくる可能性があります。

最初は飛び出すタイミングなどが予想できないと思いますので、袋の中で分解するのも良い方法だと思います。

ウエスタンアームズ ガバメント ファイアリングプレート 分解

ファイアリングプレートが分解できたので、次はハンマーに付いている黒く長い棒であるハンマーストラットを外していきます。

ファイアリングピンと違ってハンマーストラットを固定しているピンは固い傾向があります。

そのため、ピンポンチとゴムハンマーが必須です。僕も六角レンチ時代の時にトライしましたが、外れなかったので諦めました。

ウエスタンアームズ ガバメント ハンマーストラット 外し方 コツ
僕のおススメの外し方は、ピンポンチを下にして、ハンマーを上にします。

そして、ハンマーの根元あたりをゴムハンマーでたたく方法です。

これで、ピンが浮き上がってハンマーストラットが取れると思います。

これは本来の方法でないので、自己責任でお願いします。

床のフローリングに傷つけたくない方は、雑誌などを下に引くと良いですね。

ハンマーストラットは取れましたが、ピンは少し残っている状況です。

これでは、ハンマーの横側が磨けませんので、ペンチを使って引き抜きましょう!

中途半端な位置で止まったピンを抜く際にはペンチを使うと意外と簡単に取れますよ!

注意点としては、力を入れすぎるとピンがつぶれるので、ピンが抜ける最低限の力を加えることをおすすめします。

ウエスタンアームズ ガバメント ハンマーストラット 取れた

ピンが取れました。

これで、ハンマーの完全分解が終了です!

ウエスタンアームズ ガバメント ハンマー 完全分解

トリガーの分解

最後にトリガーの分解です。

とはいってもトリガーはピンを1つ抜くだけなので簡単です。

ウエスタンアームズ ガバメント トリガー ピンポンチ

必要な道具は1.5mmのピンポンチとゴムハンマーだけです。

ズ ガバメント トリガー 分解方法1

ピンに対してピンポンチを垂直に置いて、ゴムハンマーでたたきこみます。

しかし、1つ問題があります。それは、トリガーバーとトリガーの高さの違いで作業がしにくいのです。

ズ ガバメント トリガー 分解 コツ

そこで、トリガーとトリガーバーの高さが同じになるように、トリガーの下に物を挟み込みます。僕はピンポンチを置きました。

おすすめは雑誌などを挟むと良いでしょう。

ズ ガバメント トリガー ピン 取れた

この方法で、トリガーとトリガーバーを固定しているピンが外れました。あとはトリガーとトリガーバーを外すだけです。

ズ ガバメント トリガー 外し方

この際にトリガーを持つ手を固定して、反対側のトリガーバーを持つ手を下に動かせば簡単に取れます。

こんな感じに取れます。

ズ ガバメント トリガ 分解

ということで、最後の部品であるトリガーの分解が完了しました!

ウエスタンアームズ ガバメント フレーム パーツ

これがシャーシ側のパーツたちです。

いやー大変でしたね。お疲れ様です(笑)

分解はここで終了ですが、僕には駆動部のあらゆるパーツを鏡面研磨するという仕事があります。

あなたのWA1911を最高の相棒に仕上げます!

カスタム誘導画像
カスタム内容

 ・ホップアップ調整

 ・トリガーの重さ約50%軽減

 ・トリガーの引きしろ約50%削減

 ・可動部分鏡面研磨

 ・命中精度向上、などなど

 ・満足しなければ全額返金保証&60日修理保証

   

-WA1911のカスタム方法

© 2022 とある怠惰なガスガンスミス Powered by AFFINGER5