WA1911 レビュー

ウエスタンアームズのスネークマッチを徹底レビュー!写真たくさんで紹介します!

ウエスタンアームズ スネークマッチ サムネ

メタルギアファンの皆さん!こんにちは!

メタルギアは某小並とコジプロのあれこれで、一応完結?していますが、いまだに人気があります。

そして、メタルギアファンの中にはメタルギア3が最も好きな方もいらっしゃるでしょう。

僕も実際にメタルギア3はps2でプレイしたことがあり、とても面白かった思い出があります!

そして、メタルギア3と言えばその中に出てくる、特別にカスタマイズされたm1911が「例のセリフ」とともに有名ですね。

今回はその例のm1911を新品で購入したので、ウエスタンアームズのスネークマッチを画像をたくさんで徹底的にレビューします!

ウエスタンアームズのスネークマッチ

このアイテムが気になっている方にとっては、もうメタルギアやこの銃の説明は必要ないでしょう。

そのため、説明はなしで最初からレビューにはいります!

はい、ドン!

ウエスタンアームズ スネークマッチ パッケージ

パッケージはメチャクチャシンプルですよね。

まあ、ウエスタンアームズのパッケージはいつもこんな感じで、東京マルイのパッケージが良すぎることもあって少し残念に感じる方もいらっしゃるとおもいます。

もし、ここで「普通やん」とか、何も感じない方がいたらもうあなたはウエスタンアームズのヘビーユーザーです。(俺のこと)

ウエスタンアームズ スネークマッチ パッケージ 横

 箱の正面からではわかりませんが、横に何が入っているかが記されています。

ウエスタンアームズ スネークマッチ 検品印

そして、お馴染み?佐久間さんの検品印がありますね。佐久間さんが大丈夫っていうなら不良品はありませんね!(圧)

それでは開けていきます。

ウエスタンアームズ スネークマッチ 箱 開けた

 はい、まだ書類が入っています。

ウエスタンアームズ スネークマッチ 書類

入っているのは6点です。

  1. 説明書
  2. エアガンの扱いに関する注意書き
  3. ASGKの黄色い紙
  4. 意見はがき
  5. ガスの入れ方に関する紙
  6. 部品供給に関するお知らせ

以上です。

ウエスタンアームズ スネークマッチ 中身

 いよいよ御開帳です。

内容物は意外とシンプルで、本体、bb弾、バレルブッシングレンチです。

ウエスタンアームズ スネークマッチ 付属品

ちなみに、バレルブッシングレンチはm1911のバレルブッシングを分解するためのアイテムです。

バレルブッシングレンチ 使い方
我が愛銃のWA GSR

 このように、先端にはめて回すために使います。実銃では道具なしでは分解できませんが、ガスガンは余裕で手で分解できるので、ほとんど飾りです。

ウエスタンアームズ スネークマッチ 本体

本体はビニール袋に包まれています。

これには理由があって、単純に保護という理由とスネークマッチはカーボンブラックヘビーウエイトというものが使われているからです。

簡単に説明すると、プラスチックの中に金属の微粒子が含まれているのです。

そのため、磨くと美しい金属感を表現できます。

このスネークマッチのスライドの横側も磨かれていて、金属の微粒子が露出しているような状態です。

そのため、そのままにしておくとサビてしまいます。それを防ぐために、表面に油が塗りたくられています(笑)

その油があっちこっち付かないように、ビニール袋に包まれています。

実際に、僕の手もベトベトになりました(笑)

ウエスタンアームズ スネークマッチ 袋方取り出した

袋方取り出しました。とりあえずマズルに刺さっているピンクのスポンジと「警告」の札を外しましょうか。

ウエスタンアームズ スネークマッチ

外しました。それでは詳しく見ていきましょう。

 

 

 

スネーク フォーティーファイブか

スネーク ほつ

スネーク これは、、、

EVA 気に入った?

スネーク 鏡のように磨き上げられたフィーディングランプ

ウエスタンアームズ スネークマッチ フィーディングランプ

スネークマッチのフィーディングランプは磨かれておらず、真っ黒です。

まあ、僕が磨くので良いんですけどね。

GSRフィーディングランプ研磨

これは、僕もGSRなのですが、カスタムされていてフィーディングランプも磨かれております。

もちろん、スネークマッチもこんな感じに磨き上げます!

 

スネーク 強化スライドだ。さらにフレームとの噛み合わせをタイトにして精度をあげてある

ウエスタンアームズ スネークマッチ スライド

スネークマッチはス湖面がピカピカに磨かれていて、本当に美しいですよね。

まるで本当に金属のようです。

ちなみに、先ほども説明したように、錆びないためにオイルでベトベトです。(笑)

ウエスタンアームズ スネークマッチ オイル ベトベト

フレームとスライドのかみ合いは住個までタイトではありませんが、マガジンを入れた状態ではほとんどぐらつきはありません。

ガスガンは実銃と比べるとブローバックする力が弱いので、ある程度クリアランスが無いと動きが飛んでも無く渋くなり、動作不良の原因となってしまします。

 

スネーク さらにサイトシステムもオリジナル

ウエスタンアームズ スネークマッチ サイト

m1911のサイトを知っている方ならわかりますが、もともとのm1911のサイトってメチャクチャ見にくいんですよ。

そのため、カスタム品に変えられています。

ウエスタンアームズ m1911 70s サイト

これは、ウエスタンアアームズの70sのリアサイトです。ミリタリーモデルではありませんが、同じなので、勘弁してください。

ちなみに、これはWAの40周年記念で出されたアルティメットコレクションで、これも良いお値段がしました、、、

スネークマッチ 70s リアサイト 比較

比較してみると、見やすさが歴然です。

スネークマッチはホワイトドットが入っているのとサイトが大型になっているのに対して、70sはサイトが小っちゃくて、ドットも入っていいないので瞬間的に狙いにくいです。

そのため、サバゲーやシューティングで使用する方も、狙いやすいサイトと言えるでしょう。

 

スネーク サムセーフティーも指を掛けやすく延長してある。

ウエスタンアームズ スネークマッチ サムセーフティー

サムセーフティーの大型化だけでなく、スライドストップも延長されています。

70s サムセーフティー

またまたm1911の70sですが、スライドストップとセーフティーが短いのが分かりますでしょうか?

これにより、確実な操作が可能です。

特にスライドストップが長いものが選ばれているのが良いですね。

サムセーフティーはハンドガンを握る手で操作できますが、スライドストップって握る親指では届きにくいんですよね。

スライドストップ 届きにくい

僕の親指に注目して欲しいのですが、スライドストップの端の方しか届いていません。

そのため、サバゲーやシューティングで、スライドストップを解除する際に、思い通りに操作できるのです。

 

スネーク トリガーも滑り止めグルーブが付いたロングタイプだ

ウエスタンアームズ スネークマッチ トリガー

トリガーの指が当たる面にグルーブが付いています。

そして、このトリガーは連続射撃に向いているロングタイプのトリガーです。

ここで、もう一度70sのトリガーと比較します。

m1911 70s トリガー
スネークマッチと比べて短くいです。

また、トリガーの形状も特殊なものになっています。

スネークマッチのトリガーは6つの穴が開いていて軽量化がされています。

実は、軽量タイプのトリガーは穴が開いていてもせいぜい3つなのです。

3ホールタイプトリガー

スネークマッチのトリガーは3ホールトリガーの2倍の労力がかかっているということなのです。

このように、トリガーがロングタイプになることによる速射性が上がることと、トリガーの軽量化によるトリガーを引く速度が上昇しますので、サバゲーやシューティングにも向いています!

 

スネーク リングハンマーに、、、

ウエスタンアームズ スネークマッチ リングハンマー

リングハンマーということは、リングじゃないハンマーがあるということです。

スパーハンマー
またまた70sの登場ですが、これはスパーハンマーと言って、リング状になっていません。

スパーハンマーからリングハンマーに変更するメリットももちろん存在していて、3つあります。

1つ目はホルスターやポケットから取り出す際に引っ掛かりにくくするため

2つ目はハンマーバイトという、ハンマーとブリップセーフティーの間に肉が挟まるのを防ぐため。これは僕も昔に東京マルイの70sを所持していた際に、ハンマーバイトを経験しました。

痛かったです(´;ω;`)

ガスガンならまだしも、実銃ならどれくらい痛いのでしょうか、、、?

3つ目はハンマー自体を軽量にすることで、トリガーを引いてから発射されるまでのタイムラグを小さくすることです。

そのため、タクティカルカスタムはほとんどリングハンマーが搭載されているのです。

これで、サバゲーやシューティングにも(ry

ただし、一つ問題があるんですよね。

実はウエスタンアームズのハンマーは形によって形状が異なり、トリガーのキレが大きく変化するのです。

そして、この形状のハンマーはあまりトリガーのキレが良くないタイプです。

まあ、僕は加工してキレを良くしたいと思います。

「ハンマーの種類によって詳しく知りたい」や「俺もトリガーのキレを良くしたい」と考えている方は、こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

WA ハンマーカスタム サムネ
ウエスタンアームズはハンマーのカスタムor交換でトリガーのキレが変わる?ハンマーの選び方と加工の方法を紹介します!

スネーク ハイグリップ用に付け根を削り込んだトリガーガード

スネークマッチ 70s トリガーガード

えーと、正直わかんないです。すいません。

ただしハイグリップにする利点は発射する際の力のモーメントが減少するので、反動が小さく感じられます。

 

スネーク それだけじゃない、ほぼすべてのパーツが入念に吟味され、カスタムされている

EVA 気に入った?

スネーク これほどの物を(ry

ということで、他のカスタム部分も見ていきましょう。

 

スネーク グリップセーフティもリングハンマーに合わせて加工してある。グリップセーフティの機能はキャンセルしてあるようだ。プロ仕様だな。

ウエスタンアームズ スネークマッチ グリップセーフティ

基本的にm1911はグリップセーフティを押し込む必要がありますが、これはグリップセーフティが無効にされており、きちんと押し込まなくても発射できます。

m1911 グリップセーフティ

実際にサバゲーやシューティングにm1911を持ち込んだ方ならわかりますが、グローブをしていると押し込みが中途半端で発射されないケースがたくさんありました。正直ムカついたので、最初からキャンセルされているのは嬉しいですよね。

ちなみに、m1911やハイキャパのグリップセーフティを解除する加工方法を解説しているので、グリップセーフティに悩まされている方は是非参考にしてください。

m1911 グリップセーフティ キャンセル サムネ

m1911やハイキャパ系のグリップセーフティーを簡単にキャンセルする方法を解説します!原理から説明します!

スネーク マガジンキャッチボタンも低く切り落としてあるから誤動作も起こしにくいだろう。

ウエスタンアームズ スネークマッチ マガジンキャッチ

これは比較が無いと分かりにくいので、我がGSRとの比較です。

スネークマッチ マグボタン

これは、誤操でマガジンキャッチボタンを押すのを防ぐためですが、反対に押しにくくなるという副作用もあります。

個人的にはマガジンキャッチで不便を感じたことはないので、どっちでも良いかなという感じです。

 

スネーク スライド全部にもコッキングセレーションが追加してある。緊急時の装弾、排莢をより確実に行うことができるはずだ。

ウエスタンアームズ スネークマッチ フロントセレーション

このm1911しか見慣れていない方は意外かもしれませんが、m1911のセレーションは後ろだけの場合が多いです。

スライドストップ 届きにくい

これは先ほどのGSRですが、後ろのほうだけにセレーションが入っています。

そして、このスネークマッチの凄いところは、セレーションの形状が複雑で美しいのです。

ウエスタンアームズ スネークマッチ セレーション 形状

ああ、ふつくしい!

 

他に解説されていない部分はサプレッサーが装着できるようにアウターバレルの先がねじ切りされています。

ウエスタンアームズ スネークマッチ サプレッサーバレル

この飛び出しているのが本当にカッコイイですよね!

そして、嬉しいのは実際に14mmの正ねじでサプレッサーを取り付けられます。

ちなみに、サプレッサー派とサイレンサー派に分かれますが、僕はメタルギアのサプレッサー派です(笑)

これで皆さんもサバゲーで隠密行動ができますね!

 

最後にスネークがナイフと一緒に握りこむために、グリップの前面を削り込んだ部分も再現されています。 

ウエスタンアームズ スネークマッチ グリップ

この溝は両側に掘られています。

サバゲーではほとんどゴムナイフも使えないので、出番はないと思いますが、この部分もきちんと再現されているのは良いですね。

以上でウエスタンアームズのスネークマッチの紹介を終了します。

性能に関しては、この記事を見て下さればわかります。

ウエスタンアームズ 特徴 サムネ

ウエスタンアームズのガスガンの特徴とは?今まで11丁購入した俺がメリットとデメリットを解説!

総括

全体的に外装が美しく、眺めているだけでもご飯が3杯くらいいけそうな完成度です。

また、タクティカルカスタムであるので、サバゲーやシューティングで使用するのにも使用しやすいでしょう。

しかし、少し残念に感じたのはトリガーのキレが良くないハンマーであることとです。

まあ、この部分は自分でカスタムすれば良いのです!

ということで、この伝説の傭兵が使用したm1911を究極のタクティカル1911にするべく、全分解して内部パーツを鏡面仕上げをした後に、トリガーのチューニングをします。

追記

スネークマッチのチューニングが完成したので、メルカリに出品しています!

詳しいカスタム内容はメルカリに記載されているので、それらをご覧ください。↓↓↓↓↓↓

ウエスタンアームズ スネークマッチ メルカリ画像

ウエスタンアームズ スネークマッチ トリガーチューニング

-WA1911 レビュー

© 2022 とある怠惰なガスガンスミス Powered by AFFINGER5