WA1911のカスタム方法

ウエスタンアームズのグリップ交換をする方法とは?手順を画像で分かりやすく解説します!

ウエスタンアームズ グリップ交換

カスタムを行ったことが無い方が、グリップ交換です。

グリップ交換は簡単な割には外観の変化が大きいので、「自分好みにカスタムしたい!」という方にはおすすめのカスタムです!

今回はウエスタンアームズのグリップ交換をする方法をわかりやすく紹介します!

   

1911カスタム バナー

当サイトではあなたのWA1911を最高の相棒にするカスタムを行っております。

適合するグリップ

ウエスタンアームズは全てのモデルがではありませんので、一部のモデルに実銃用のグリップを付けようとするとフレームを加工する必要があります。

実銃用グリップをそのまま付けられるモデルとは?

最初から実銃用のグリップが付いてあるモデルはそのまま付けられる場合がほとんどです。

具体的にはMUEピストルで採用されているパックマイヤー製のラバーグリップが付いている場合や、ココロボ製のグリップが付いてる場合があります。

他にはヘレッツ社製のグリップや、我が愛銃のGSRに付いている純正ブビンガグリップも実銃用なので、GSRシリーズもつけられます。

公式サイトで実銃用グリップが装着されているとうたっているモデルは、そもままポンづけできます。

実銃用のグリップが付くものと付かない物の見分け方

では、最初から実銃用のグリップが装着されていないモデルには、実銃用のグリップは装着できないのでしょうか?

実はそうとは言い切れません。

グリップを外した状態でフレームのグリップスクリューをはめる部分の根元を見ると分かります。

ただし、1mm程度の違いなので、見比べないと分からないかもしれません。

金色の金属パーツあたりに注目してください。

これが、実銃用グリップを付けるには加工が必要なフレームです。

次は実銃用グリップをポンづけできるフレームです。

違いが分かりましたか?

これで分かったあなたは凄いです。

正解は、グリップスクリューがはまるねじ穴側の金具が刺さっている土台の薄さです。

ウエスタンアームズ 実銃用グリップ 対応フレーム

実銃用グリップを付けるのに加工が必要なフレームはこの部分が1mmほど分厚いのです。

これは、下側ですが、上側も同様です。

グリップスクリューを差し込む部分には、金属のパーツがスペーサーとして挟んであります。

ウエスタンアームズ 金属 スペーサー

実はこの部品は取り外しが可能です。あ、勝手に落ちる場合があるので、紛失しないように注意しましょう!

実銃用グリップがポンづけできるものと出来ない物には、違いがあります。

ウエスタンアームズ グリップ リング

実銃用グリップがそのまま装着できるのは短いほうのスペーサーで、実銃用のグリップが装着できない方は比較して1mm長いのです。

このように、少し分厚いまま実銃用のグリップを装着するとどうなるのでしょうか?

以下の写真は実銃用のグリップをポンづけできないフレームに装着した場合の画像です。

下の部分が浮いているのが分かると思います。

そのため、少しだけフレームを削る必要があります。

ちなみに、上のスペーサーは付けなくてもぐらつかないので、外すことで解消できますので、加工する部分は下のプラスチックだけです。

そのため、デザインナイフやニッパーで削ることで調整が可能です。

グリップ交換の方法は簡単!交換方法を解説

準備する物は交換するグリップ、グリップスクリューの穴に合った道具(マイナスドライバーや六角レンチ)です。

交換するグリップ

これは実需用のマグプルグリップで、中古で購入したWAのMCオペレーターに付いていたので、はぎとりました(笑)

ウエスタンアームズ mcオペレーター

あとは、グリップスクリューを回す道具です。

グリップ交換 道具

グリップを交換するGSRは六角レンチを使用しました。

加えて、加工する場合はフレームを削り取る道具が必要です。

交換手順

最初にグリップスクリューの穴に合う道具を使用して、グリップスクリューを外します。

グリップ 外す

この時は片側づつでも構いませんが、上側のグリップスクリューを入れる部分の周りにはまっている金属製のリングは無くさないようにしましょう。

次に新しく装着するグリップをねじ穴にはめ込みます。

この時に浮いているようであれば金属製のリングを抜いて、下側のねじ穴の根元のフレームを削ってください。

次にグリップスクリューを六角レンチやマイナスドライバーで上下を閉めます。

最後にもう片方も同じように行います。

これで、グリップ交換は完了です!簡単ですね!

グリップが変わると、印象が大きく変わりますよね。

ちなみに、僕は元の木製グリップのほうが好きだったので、戻しました(笑)

注意点

アンビセーフティーのハンドガンをグリップ交換する場合は注意点があります。

先ほどはぎとったMCオペレーターにGSRのグリップを付けようと思っても無理です。

正確には加工する必要があります。

これらはどちらも実銃用のグリップをポンづけできるフレームなのですが、なぜでしょうか?

それは、アンビセーフティーの一部が挟まっているからです。

最初に付いていたマグプルグリップはこの部分が切り取られている物でした。

切り欠きがあるので、マグプル用のグリップは付けられるのです。

アンビセーフティーの中にも挟まらない機種もありますので一概には言えませんので、 自分のセーフティーが挟まっていないかを確認する場合があります。

あなたのWA1911を最高の相棒に仕上げます!

カスタム誘導画像
カスタム内容

 ・ホップアップ調整

 ・トリガーの重さ約50%軽減

 ・トリガーの引きしろ約50%削減

 ・可動部分鏡面研磨

 ・命中精度向上、などなど

 ・満足しなければ全額返金保証&60日修理保証

   

-WA1911のカスタム方法

© 2022 とある怠惰なガスガンスミス Powered by AFFINGER5