WA1911 レビュー

ウエスタンアームズ ウォーリアー ジョンウィック リアルスチールモデルをレビューする! 

ウエスタンアームズ ジョンウィック リアルスチール

ウエスタンアームズのキンバ―ウォーリアー ジョン・ウィックモデルです。

ただし、中古品なのでもともとダメージ加工がされていて銀色になっている部分が、ダメージ加工する前の黒い状態に変化している部分があります。

   

1911カスタム バナー

当サイトではあなたのWA1911を最高の相棒にするカスタムを行っております。

各部の特徴

1つ目の特徴は、グリップです。

グリップはヘビーウエイト製で、中に金属のウエイトが入っているので、とてもずっしりとしています。

WA ジョンウィック グリップ

また、握った際に膨らみが丁度良く、手のひらにフィットします。

2つ目は3ホールトリガーです。

WA ジョンウィック トリガー

これは、ウエスタンアームズのタクティカルモデルに、良く搭載されているタイプのトリガーですね。

3つ目はマズルです。

WA ジョンウィック マズル

リコイルスプリングハウジングの正面に付いている旋盤の切削痕が僕は好きです。実は手で触った感じは、ツルツルしています。

4つ目は刻印です。

WA ジョンウィック 刻印

kimberのロゴが再現されてあります。

5つ目は20mmレールです。

WA ジョンウィック レール

ウエスタンアームズには、金属製の後付けのレールがありますが、これは、最初から付いているタイプのレールですね。

20mmレールなので、ライトなどのアタッチメントを付けられますね。

6つ目はホワイトドットのついたサイトです。

WA ジョンウィック サイト

後ろはノバックタイプなので、普通に狙いやすくなっています。

7つ目はセーフティーがアンビです。

WA ジョンウィック サイト

両側の形が異なっています。

8つ目はランヤードリングです。

WA ジョンウィック ランヤードリング

カスタムm1911にランヤードリングって珍しいですよね。

最後にリアルスチールカスタムの特権である、少し擦れているような仕上げです。

WA リアルスチールモデル

本当に金属でできているように見えるのが凄いですよね。ただし、これでも元の銀色の状態から黒く変色しているので、新品状態だともっと角が擦れているような仕上げになっていたんだと思います。

マガジン

WA ジョンウィック マガジン
マガジンもタクティカル1911としれは珍しい、マガジンバンパーが無いバージョンのマガジンです。

しかし、それがまたシュッとした印象を与えているんでしょうね。

以上でレビューを終わります!

あなたのWA1911を最高の相棒に仕上げます!

カスタム誘導画像
カスタム内容

 ・ホップアップ調整

 ・トリガーの重さ約50%軽減

 ・トリガーの引きしろ約50%削減

 ・可動部分鏡面研磨

 ・命中精度向上、などなど

 ・満足しなければ全額返金保証&60日修理保証

   

-WA1911 レビュー

© 2022 とある怠惰なガスガンスミス Powered by AFFINGER5